kintoneの「困った」をトータルサポート!

kintoneって、「意外と難しい」と思いませんか?

「これだったらうちの部でも簡単にできるらしい」と上司からのムチャぶり

「部内のExcel・紙運用を簡単にシステム化したい。」
そんな上司の思い付きで、kintoneの導入担当を任されたけれども、
「毎日のルーチン業務や来月から始まる採用活動の準備もやりながら、本当に簡単に導入できるの?」
と不安になることはありませんか?

頑張って作ったのに、全然使われていない。

毎月の勤怠チェックや給与計算、採用活動のPRをしながらも、
なんとかkintoneアプリを作っていたものの、なぜかみんなが使ってくれない。
けれど、どこが使いづらくて、どう改善すればいいのかが全くわからず、
困っていませんか?

システム部じゃないわたしにとっては何もかも難しくって。

そもそも、システムの事なんて全く知らなくて、簡単に作れるって言われたけど、全然簡単じゃない。
想像以上のハードルの高さにくじけそうになることもありますよね!

とはいえ、ITのプロでも実は失敗しています

ITのプロが悩むんだから、
システム部じゃない以上この事は絶対に知らないと確信しました。

kintoneを「簡単」にするには、この3つが重要でした。

アプリを作る5つの型をマスターする

似たようなアプリがあるからアプリを再利用。
Excel台帳がすでにあるから、Excel/csvで作成。
と、安易に作り始めていませんか?
そうやって作成したところで、あなたが求めるアプリは
いつまでたっても出来上がりません。
kintoneアプリの作り方の、本当の判断基準は全く別のところにあります。
そのコツさえ知っておけば、マニュアルを見なくても、
スムーズにアプリを作り始めることができます。

たった5分でいいから、すぐに相談できるkintoneのプロ

マニュアルで検索する
インターネットで1時間かけて検索する
次のユーザー会まで1週間待つ
そんなことをしなくても、
ほんの少しのTipsを知るだけで、作りたいアプリをすぐに作ることが出来ます。

kintone特有のデータ管理をマスターする

システムの事がわからなくても、
アプリが作れるkintone
でも実は、最低限「データ管理の基礎知識」だけは必要でした。
これさえ知っていれば、
アプリの仕組みに悩まずに、いとも簡単にITのプロのようなアプリを
頭の中で組み立てられるようになります。

たった3つ

これを押さえれば、ここまでできるようになります。

あなたのアプリで周りが喜ぶ

いろんな業務をアプリで効率化するあなたを見て、
周りの人もkintoneでアプリを作りたくなる。

そして、
kintoneマスターがあなたの会社にどんどん増える。

私たちの秘訣をお教えします
今なら月3組限定で相談無料!

お問い合わせ